中条瀬雅@電子書籍作家

*マリクロ|電子書籍総合出版社 作家ブログ*
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - |

オットさんと俺 序章

JUGEMテーマ:家庭

オット(♂)もうすぐ4○歳児
俺(♀)  もう3○歳児
二人の間の大事な一粒種(♂) 
もうすぐ1○歳
(現役ショウガクセイ)
オットさん父
オットさん母


ノラ猫
季節的にツバメ
以上がわが家の構成

タイトルでBL的な何かを想像された方すみません
ゲイの皆さまにも謝罪いたします
このエッセイは一部異常はあるもののごく普通な家族のお話です
 
ー序章ー

将来、絶対に都電が走る街に住むのだ
と友人達に言い放った俺、十○歳

某超大手少年誌に掲載されていた『○ち亀』や
土曜午前に放映されていた『ぶらり途中下車の旅』の
影響で東京の西側に住んでいたのに下町の空気に
憧れていた頃

女子校の仲間達や後輩と共によく下町へ繰り出しては
『もんじゃ』に舌鼓を打ち、都内のテーマパークこと
『あらかわ遊園』に遊び、門前仲町のボウリング場で
大騒ぎをしていたわけです

そんな時に言った一言がまさか本当になろうとは

昔から俺には妙な予知能力的な物があったらしく
今でもそれは微妙に当たり続けているようなのですが
それはさておき

あれから十何年が経過した今、俺は都電が走る下町情緒
たっぷりの場所に居住しているわけです

上記の大家族と共に

町会とかにも入ってたりして、お祭りの時に
町会事務所で生ビールをゴチになったりして

歩いて行ける距離に現役の駄菓子屋がある地域で

元気な商店街がある駅の側で

まあ、こうなるまでには色々ありました

それについては続きにてどうぞ

 
オットさんと俺 | permalink | - |

ブログエッセイ始めました

JUGEMテーマ:家庭
新テーマでブログを書き始めます
タイトルは
『オットさんと俺』

なかなか結婚しない人が多いご時世、
中条の夫に対する愛情あふれる? エッセイを
書いてみようかと思いましてね
まあ結婚っていうのも悪くはないよと
相手にもよるけど

って事でおっぱじめます

 
オットさんと俺 | permalink | - |

なんか目覚めた

最近、なんか目覚めました
なんていうかこう、人が見ちゃいけないって
思い込んでる世界を描く事の面白さに

だから多分「純情な欲情ー女がHでなにが悪いのさ」
とか書いちゃったんだと思います

しばらくこの路線で行きます

笑えてジュンとする作品、お楽しみに!



 
作品について | permalink | - |

スマホに変えてみたのですが

先日、フィーチャーホンからスマホに変更
してみたら

なにこれ?

わけわかんないよ!

もはや理解不能でなにから手を付けていいのやら

とにかく時間がないのでとりあえず変わった連絡先を
知り合いに連絡するのでせいいっぱい

ちなみにこのブログもスマホのおまけでついてきた
タブレットで入力中

ああああキータッチしてる感覚がないし

人はこうして時代の移り変わりについていけなくなるのね

アプリの勉強もしなくちゃ

課題は山積み、だけど原稿のネタはもりもりわいてくるし

新しい作品を書かなくちゃとか言ってる間に
バレンティンは60号ホームランだし
「純情な欲情ー女がHでなにが悪いのさ」もリリースされてるし

右へ左でおろおろしている中条です

- | permalink | - |

近頃都に流行る物

  クレープ
 ↓
 ジェラード
 ↓
 チュロス
 ↓
 ベルギーワッフル
 ↓
 ドーナッツ
 ↓
 スムージー
 ↓
 ロールケーキ
 ↓
 マカロン
 ↓
 鯛焼き
 ↓ 
 バウムクーヘン
 ↓
 ポップコーン


このようにコロコロと流行りの店が変わり、今やすっかりベルギーワッフル店など見かけなくなりました


これからはきっとポップコーン店が増えるのでしょうね


都の流行り廃りは女心のようです

近頃都に流行る物 | permalink | - |

『気』のモンダイ

気がきく人


気がきかない人


どっちが出世するかって言ったら明らかに前者です


この両者の違いって何だか分かりますか?


『人の身になって考えられるか、られないか』


ってすごく些細で小さな事なんですね


例えば会社の飲み会の席


上司の灰皿が満杯


こんな時


黙ってそーっと灰皿を新しい物に変える


しかもわざわざ店員さんを呼ばずに、自分でカウンターまで取りに行って


これ、気がきく人の行動です


気がきかない人は気付かない、または忙しいであろう店員さんをドヤ顔で呼びつけて


『灰皿いっぱいだから取り替えて』


って言っちゃうんですね


気がきく人はそういう事をせず、気付いたら一番早くて最も素晴らしい解決方法を選択して実行出来るんです


仕事でもそう


お客様相手ではなくても、同僚や上司に対して細やかな気遣いを欠かさない


これかなり大事


独立して仕事をしている人で無い限り、基本的には相手や仲間がありきなのですから


小学生の頃


『思いやりを持って』


とか言われませんでしたか?


思いやりって要するに


上にだけでは無い、下や横に対しても気遣いや気配りが出来る事なんですね


これが出来ない人が多い世の中


せめて我が子だけは気配りや気遣いの出来る人間に育って欲しい



と思っていたらやってくれました


『お母さん、マッサージしてあげるよ』


め、珍しい


多分何か欲しい物があるんでしょうが


まあ基本、ギブアンドテイクだからな


魂の言葉 | permalink | - |

東京観光

 久しぶりの休日、夏休み中の平日なので行ってきました
『お台場』へ


息子が大好きな『カート』に乗せるべくお台場の某巨大施設を
訪れてみれば…・・・


寂れている


かなりな勢いで寂れている


不景気だし、車で行こうとしても渋滞が気になって
電車で行くしかない場所なので仕方ないとは思いますが


ただっぴろくて歩くのもねぇ、ってな具合の広さだし


一応、ちょこちょこ人は見かけるのですが


言葉が明らかに日本語じゃない!


うわぁ


まあでもこんな具合に空いている方が好きです


新名所で並ぶのは苦痛だし、人が居すぎるのも疲れるし


でも商売人としてはかなり不安な感じを抱かざるを得ないこの
状況


広大な埋立地に建てられた巨大な建造物の中は空っぽ


なんて想像をしてしまう


いくら小奇麗でもおしゃれでも、なぁ

つれづれ | permalink | - |

近頃お江戸に流行るもの2

特別展の会場の中


 ここでもまた行列!


もうね、絶望感で胸がいっぱいです


でも息子の自由研究のネタのためにじっと堪えます


それでもって他の子供たちにもケースの前を譲ったりしつつ迎えた


『ダイオウイカ』様の展示


うん、イカだ


大きなイカです


蝕腕のぶつぶつも見えますとも


でも大きなイカってだけで


うん


とか思いながらも体のあちこちを撮影


そして最後の映像鑑賞コーナーをまったりと楽しんで、出口


かと思ったら今度は物販スペース


商魂たくましいよ、国営のクセに


イカのぬいぐるみが20万って


ただのクッキーが950円って


そう思いながらもそこはそそくさとスルー


かくして足が棒になり、グッタリしながら帰宅


したものの中条は撮影した画像をプリントアウトする作業に突入


どんだけ子に尽くすんだ、自分


いくじなしの育児 | permalink | - |

近頃お江戸に流行るもの

 国営放送で流れた世界初の「ダイオウイカ遊泳映像」にひかれ
息子と共に行って来ました上野の科学博物館へ!


はっきり言えばアレです、夏休みの自由研究のネタ出しのタメなんですけども


いやー平日だっていうのにメチャクチャ混んでました


チケット購入で列、入場で列と


気の短い江戸っ子の血が流れている中条はイライラ度が気温と共に上昇したので入場の列が解消するまで他の常設展示を見て回る事に


いやー、最近の博物館は展示物に関する解説文が少なくなりましたね


これってやっぱり『ゆとり』の影響なのでしょうか?


それとも『続きはwebで』的なノリなんでしょうかね


何故か息子がやけに日本の人口の増減に興味を持ってるし


とか思いながらも観て回っているうちに、空腹感が


で、カフェテリアに行ってみればこちらも長蛇の列!


なんなんですかね……


どこに行っても並ぶのは辛い

行列大嫌い! スーパーだって並ぶのがイヤだからあんまり行かずに商店街でサクサクーっと買い物を済ませるくらいなのに


あああああ


ストレスがマックスに達したところで、いざ目的の特別展会場へ赴いてみれば


続く
いくじなしの育児 | permalink | - |

年とってみて

年をとると老化すると思ってたのですが


老化してない気がする今日このころ


髪の毛もフサフサだし白髪も無いし、顔もパンパン元気百倍アンパ○マン!


いつでもコラーゲン満載だぜ! シワもねーぜ!


ってな具合


最近、ちょいと痩せました


イケてる四十路を目指して頑張る毎日です


でも女っぽさよりも男っぽさが引き立ってる気がする……


それが中条瀬雅っす!




つれづれ | permalink | - |